のど飴

施術が終わったあと

テーブルに座っていただいて

お話をする時

のど飴を差し上げています。

この前までは「福豆」でした。

「最初のど飴を置いたら」と家内が提案した時

正直私はあまり乗り気ではありませんでした。

 

「のど飴なんか、誰もほしがらないよ」という感じでした。

仕方なくテーブルの上に出しておきました。

「自由にお取りください」のメッセージカードと共に・・・。

 

で反応は、

ほとんどの方が「一ついただきますネ」

と言って持っていかれます。

中には2、3つの方や

その場で封を切ってたべられるかたもです。

ちょっとびっくりしました。

意外ですね。ええっほんとに。

 

よく企画はみんなが

「そりゃ、無理だよ」というもの程ヒットすると言います。

みんなが賛成したものはかえってダメだとか。

そんな大層な出来事ではありませんが、

私の中ではちょっとした驚きでした。

 

健康塾のクライアントは95%が女性です。

昨年の移転に合わせて

コーディネートから院内ポップまで

家内にすべて任してあります。

もともとデザイナーでいろいろアドバイスはくれましたが

今のところに移転してからは

私は口を挟まないようにしました。

それからずっ~と垢抜けてきました。

(ヨイショ!)

 

のど飴は常時置いてありますので

ご来院の節には是非どうぞ。

タイトルとURLをコピーしました