慢性疲労症候群

ストレスが及ぼす影響が少し解明されました。

で、私が「すごいなぁ」と思ったのは、

2,3日休ませるとその分泌細胞が

元通り近くまで再生されると言うことです。

通常傷ついた神経は再生しません、

でもその細胞は再生することができるのですね。

 

最近は話題に上りませんが

10年ぐらい前に「慢性疲労症候群」

という病名(症候群)かよく新聞をにぎあわせていました。

このラットの記事を読んだ時その言葉を思い出しました。

 

クライアントによく聞くことに

長い休み(盆や正月)の後は体は楽ですか?ということです。

半分ぐらいの方は「楽」ですと答えられるのですが

半分ぐらいの方は「あまり変わらない。」と言う答えです。

 

その原因はいろいろありますが

ストレスが原因の場合もありますが

そうで場合もあると言うことです。

その原因はまだ解明されていはいないのですが

その「慢性疲労症候群」には精神症状もあり

それが原因なのか結果(症状)なのか

もうほんとに解らなくなっています。

 

『原因不明の強い全身倦怠感[ぜんしんけんたいかん]、微熱、頭痛、筋肉痛、精神神経症状などが起こり、長期にこの状態がつづいて健全な社会生活が送れなくなるという病気』

が慢性疲労症候群の定義です。

 

しかし冒頭の記事を読んだ時

この病気(慢性疲労症候群)も解明されるかなと感じました。

西洋医学の進歩もすばらしいですね。

 

タイトルとURLをコピーしました