先日整体学院の生徒さんから

「果てしない整体の道を思うとめまいがしそうです。・・・。」

というメールをいただきました。

「なんでもその道を極めるのに10年はといわれています。

そこからがまた出発でしょう。」

という趣旨のお返事をさせていただきました。

私の学院では授業の最初に

「何か質問はありませんか?」

がお決まりのセリフです。

「○○○は?」とか

「この間の○○のついてもう少し詳しく・・」

とか

「今日はありません」

とか様々な答えが変わってきます。

もちろん分からないことを習いに来ているのですから

知らないということに対しては仕方ないと思います。

でも、今日知らなかったことに対して

次回来るのでの間にどう取り組んでるかで

進歩の度合いが違うと思います。

先日ある有名予備校の「○会」というところのブロクに

こんなコメントが書いてありました。

 実践していない人は、「いつもハッとさせられます」

 「気づきを得ています」「目からウロコです」とかばっかり。

 ハッとするのはいいが、結局何も変わってない。

質問してもそのあとの実践が伴わなかったら

結局は自分の力になっていきません。

整体の勉強も頭で理解できることと

感覚として手が動くことは違います。

これにはやっぱり数をこなす(経験を積む)

ということが一番必要になってきます。

「理論と実践」これ車の両輪のように

両方とも必要です。

『ローマの道は一日でならず』

継続が大切ですね。

そして、もう一言。

『始めなきゃ始まらない』

整体師健康相談 B L O Gで整体に対する質問をお受けしています。一度ごらんください。

健康塾SBバランス整体院のプロモーションビデオができました。

仮放映中です。ご来院の参考にしてください。

★人気blogランキングへ★

↑参加しております良かったら、投票(クリック)をよろしくお願いいたします。

◆いよいよ梅雨明け。

 冷たい飲み物には気をつけましょう。

 整体で「身体にご褒美を!」。

 体調管理は健康塾の整体療法で!